フクシマは片仮名のまま亀の鳴く    玉田春陽子

フクシマは片仮名のまま亀の鳴く    玉田春陽子 『合評会から』(酔吟会) 反平 福島はいまだに「フクシマ」です。元に戻っていない、悪い状態のままで、復興が遅れている。この句はそういう思いを詠んでいます。時事句として評価したい。 正裕 ほかの季語でもよさそうだが、やはり「亀鳴く」かな。フクシマはまだ、何の解決もしていません。この句は、政治家は嘘ばかり言っている、という意味を含んでいます。 恂之介 この句の季語は「亀鳴く」以外にないでしょう。実際は鳴かない亀が「鳴く」という面白い季語を用いて、フクシマは片仮名のままだと、作者はいう。痛烈な政治・社会批判ですね。 春陽子(作者) フクシマは片仮名のまま放っておかれている。政治家はそのうち知らん顔して「ふくしま」にし、「福島」に戻しまうかも知れない。現状はそういうことなんです、と私は言いたかった。              *            *  「亀鳴く」は鎌倉時代の歌人・藤原為家の歌「川越のをちの田中の夕闇に何ぞと聞けば亀の鳴くなり」に由来する季語。「あの鳴き声は?」の問いに「亀です」の答え。やがて鳴かない亀が鳴く、という季語が出来た。(恂)

続きを読む