寒の池上田贔屓のコウノトリ   堤 てる夫

寒の池上田贔屓のコウノトリ   堤 てる夫 『合評会から』(日経俳句会) 佳子 上田には農業用水の池がいっぱい。コウノトリが遊びに来るんですね。吉兆のようでお正月句会で目出度いなと。 反平 「上田贔屓」がいいね。ほのぼのとしたいい句です。 好夫 私も「上田贔屓」に惹かれた。兵庫の豊岡が繁殖地ですが上田でも巣を作っているのか、絵になっている。 光迷 豊岡で人工飼育して百羽くらいになっている。今ではあっちこっちに飛んで行ってる。いい光景ですね。 智宥 去年見た鳥が今年も来ている。それを「贔屓」と捉えたところがうまい。           ☆  昭和46年、日本の自然界では絶滅とされたコウノトリ。兵庫県豊岡市は昭和40年から人工飼育、孵化に取り組み成功、平成17年自然界への放鳥を開始した。平成25年9月上田市塩田平に一羽が飛来、溜池で泥鰌を捕っているのが観察された。足輪標識から平成23年5月17日豊岡生まれのメスJ0041と判明。上田が気に入ったのか翌平成26年10月にはそれが引き連れて計7羽飛来したという。ここで自然繁殖するようになれば万々歳なのだが。(水)

続きを読む

冬景の群像写真となる我ら   今泉 恂之介

冬景の群像写真となる我ら   今泉 恂之介 『この一句』  俳句仲間20数人ぞろぞろと谷中七福神巡り。晴れ上がり絶好の吟行日和とあって、どの寺も参詣人で長蛇の列。お参りしてから色紙に朱印を捺してもらうのにまたまた行列。ぽかぽかと陽の当たる庫裡の縁先には友を待つ人達がずらりと腰掛ける。  この句には「木村伊兵衛の本郷の写真が浮かびました。写真も俳句も一瞬を永遠に留めることができる。つくづくそれを感じさせる凄い句だと思います」(綾子)という賛辞が寄せられた。確かに冬の吟行のさりげないスナップ写真のようなのだが、読む人によっていろいろな思いの触発される句である。  大の大人が七福神を拝んで朱印スタンプを集める。バカらしいと云えばこれほどバカらしいものは無い。とにかく、なんとも平和でのんびりしている。これがいつまで続くのか。日本だけが平穏無事でいられるのか。そんな大ごとばかりではなく、身の回りの暮らし一つとってもあれこれ問題が起こって、先行き安穏とばかりは言えない・・・。しかしまあ、まずはみんなと一緒に「七福神遊楽之図」に溶け込みましょう。(水)

続きを読む

冬桜名もなき坂の薄化粧   加藤 明男

冬桜名もなき坂の薄化粧   加藤 明男 『合評会から』(日経俳句会) 昌魚 楚々とした冬桜と「名もなき坂」がとても合っている。そこに化粧も「薄化粧」、冬桜をよく表現している句だなあと思いました。 双歩 やっぱり「薄化粧」がいい。ほんのりとした冬桜の感じが素敵だ。 二堂 「名もなき坂」に少し薄化粧をしてというのがいいんでしょうかね。私も「裏道は昔江戸坂冬桜」と同じような情景を詠んだんだけど、これが三点でこちらは六点、どうしてなんでしょう(大笑い)。「薄化粧」と具体的に冬桜の哀れさを詠んだ点が三点差になったんでしょうかね。 正裕 冬桜の淡い色を「薄化粧」で表していて、「名もなき坂」に咲いていると言った。具体的な坂の名前でないのががいい。 森太郎 桜の咲いている坂の風景を「薄化粧」と表現したところが新鮮です。           ☆  「名もなき草」「名もなき山」などと、いわゆる「月並み俳句」には「名もなき」がしょっちゅう現れる。そしてそういう句は大概ダメである。この句は「名もなき」が良かったという。やはり、冬桜だからこそという気もする。(水)

続きを読む

空蒼く海なお碧く冬ざくら   廣上 正市

空蒼く海なお碧く冬ざくら   廣上 正市 『合評会から』(日経俳句会) 反平 冬晴れの空が透けて見える。きれいだし、そこに海の青さまで持ってきて、青を重ねたところがうまい。 正 空は真っ青、海なお青くと、冬桜の淡い色とのコントラストで、カラースライドを見るようなきれいな句です。 光迷 「ちるさくら海あをければ海へちる」という句があるが、色の対比が素晴らしいし景も大きい。 研士郎 迫力があり、桜と青のコントラストがきれいに詠まれている。 悌志郎 海の青、空の青を出して、冬桜の淡いはかなげな色を際立たせている。 万歩 空の「蒼」海の「碧」、二色の青と冬桜の三色の対比が鮮やか。 双歩 「海碧く」の「碧」は石を表現するのに使うと聞いたのですが…           ☆  俳句は元々は一座で詠み合う吟詠詩なのだから、漢字の文字面であれこれひねくるのは邪道だという説もある。空が「蒼く」海が「碧く」というのもその例ではあるが、情景を美しく詠んだのが好評を博した。(水)

続きを読む

花のなき季節つないで冬桜   井上 庄一郎

花のなき季節つないで冬桜   井上 庄一郎 『季のことば』  十二月から二月にかけて、花屋に行けば温室栽培の花があれこれ手に入るけれど、それらは生花とはいうものの人工的なわざとらしさのつきまとう花である。やはり、暑さ寒さに耐え、自然の中に咲く花がいい。  ということになると、この寒空の下で見つかる花と言えば数が限られる。山茶花、寒椿に水仙というところだろうか。梅は早咲きがぽつりぽつり。そんな中で可憐な花を精一杯咲かせるのが冬桜である。  冬桜はヤマザクラとフジザクラの自然交雑種ともマメザクラの変種とも言われるが、なんとも頼りない木で幹はほっそりして、花も小さく白っぽく儚げである。しかし、師走から新年の厳寒の青空を背景に咲いているのを見つけると、なんとなくほっとした気分になる。  「花のなき季節つないで」という措辞が実に良い。精一杯、次の走者に襷をつなぐような感じがして、いかにも冬桜の健気でいじらしい姿が浮かぶ。(水)

続きを読む

わが雑煮まる餅に鰤八十年   藤村 詠悟

わが雑煮まる餅に鰤八十年   藤村 詠悟 『季のことば』  雑煮はどの家にも先祖代々受け継がれてきたやり方がある。住まう地方あるいは故郷の雑煮を基に各家庭独特の雑煮が形作られているのだが、面白いことに誰もが「自分の家の雑煮が一番美味い」と思っている。  日本列島北から南まで、雑煮はさまざま。入れる餅にも丸と四角があり、汁の実も地方色豊かである。東京近辺の雑煮は角餅で、昆布と鰹節の出汁(時には鶏ガラ出汁も)に鶏肉、大根、人参、小松菜だけの、澄んだあっさりしたもの。京都はじめ関西地方では丸餅に西京味噌仕立ての汁に花鰹を散らし、東北では凍り豆腐やイクラなどが入った具沢山の雑煮となる。  このように誰もが物心ついた時から親しんできた「お雑煮」には一入印象深く、その味は舌にも心にも染みついている。この句は鶏肉ではなく鰤(おそらく塩鰤であろう)、餅は丸餅。作者は、これでなくては雑煮の感じがしないのだ。これで八十年やってきたというのである。大和男の子の此処にありという感じで愉快になる。(水)

続きを読む

思ひ出を絹布でみがき雑煮膳   池村 実千代

思ひ出を絹布でみがき雑煮膳   池村 実千代 『この一句』  輪島でも、越前、会津、根来・・・どこのものでもいいのだが、漆塗りの椀、皿、鉢、杯、重箱、膳、屠蘇器などを前にすると、何とも言えない落着きと和みを感じる。漆器は古代中国や朝鮮にもあったのだが、日本で特に進化発達し独特の調度品や食器を生んだ。chinaと言えば磁器の意味だが、japanと言えば漆器を指す。漆は日本のように温暖で湿潤の気候風土に合った被覆材なのだ。  作者の家では昔ながらに、正月が近づくと納戸から漆の器を出して来るのであろう。桐箱から布や和紙にくるまった器を一つづつ取り出しては絹布で丁寧にぬぐう。そうしながら年老いた母親は娘や嫁に、娘や嫁はその子に、代々伝わってきたそれらの什器にまつわる話や、家の話、ご先祖のエピソードを語り継ぐ。  娘は「またか」という顔をしながら、嫁さんは「お姑さんも記憶が少しあいまいになってきたようね」などと面白がりながらも、はいはいと、にこやかに聞いている。孫娘ともなると、何それという顔つきだが珍しいもの見たさで見つめている。良いお正月を迎える一家の、なごやかな空気が伝わって来る句である。(水)

続きを読む

雑煮食む箸八膳の笑ひ声        高石 昌魚

雑煮食む箸八膳の笑ひ声        高石 昌魚 『合評会から』(日経俳句会) 庄一郎 正月の食卓風景ですが、「箸八膳」で家族数を表したのが巧みです。末広がりの八でもあるし。 正市 本当にその通りです。八膳は八人だから三世代かな。四世代ということもあり得るが、ともかく新年に一家が揃った様子は、目出たい限りです。 光迷 正月らしくて、笑い声が聞こえてきそうだ。八人では、餅を焼くのが大変かな。 正裕 最近の傾向からして、娘夫婦が来ているのかも知れない。幸せそうな風景が見えてきます。 水牛 息子夫婦でも娘夫婦にしても、核家族の時代に八人とは羨ましい。正月らしい雰囲気が感じられる。 研士朗 雑煮をにぎやかに頂く様子が手に取るようで、分かりやすい句ですね。 双歩 食む(はむ)、箸、八膳と「は」が揃って、「ハハハ」という笑い声が聞こえてくるようだ。 昌魚(作者) いやぁ、「ハハハ」は偶然の産物。全く意識していませんでした。              *          *  「韻」を意識して作ると句が嫌らしくなる、とも言う。この句の韻は神様から頂いたお年玉なのだろう。(恂)

続きを読む

菜を刻む妻のゐる朝外は雪       高井 百子

菜を刻む妻のゐる朝外は雪       高井 百子 『この一句』  キッチンの方から「トントン」と菜っ葉を刻む音が聞こえてくる。いつもは妻が早く勤めに出てしまい、夫は前日に用意された朝食を暖めてひとり食するのだが、この日は休日。布団の中でまどろみながら、幸せの刻を過ごしている。句会で選句する際は、こんな情景を思い描いたのだが・・・。   当欄にこの句を掲げた時点で、種明かしは終わっている。作者は女性であった。先週の日曜日には「合評会から」で“女性を装った” 男性の作を紹介していた。その際、上掲句の作者はこんなコメントを残している。「女性がこういう景を句にするとは思えないけれど、やっぱり女性ならでは、かなぁ」  その句「勾玉(まがたま)のペンダント揺れ初鏡」は、「“揺れ”に違和感がある」という声もあったが、作者が明らかになった時は、「えっ」「やられた」などの声が相次いだ。従ってこれは「敵討ちの句」なのか。しかし「菜を刻む妻の幸せ」とすれば作者の本心そのものだろう。「外は雪」がいい雰囲気を醸している。(恂)

続きを読む

日常の戻りたるかな七日粥       久保田 操

日常の戻りたるかな七日粥       久保田 操 『季のことば』  一月七日、七草の日は「人日(じんじつ)」とも言う。本意ははっきりとしないが、中国の古い占いの書にある「(一月の)七日は人を占う」という一節によるものだという。つまり人の一年を占う日であり、その結果を胸に「さあ、今年もやるぞ」と働き始める日という、現代的な解釈も可能だろう。  サラリーマンの多くは五日頃から出勤しているが、新年の挨拶まわりなどを終えての本格始動は七日あたりになる。小中高生や大学生も同じようなもので、世の中も家庭でも実質上、正月はこの日で終わりと言っていい。「日常の戻りたるかな」とは、そのあたりの気分を簡明に表していて、うまい、と思った。  ところがこの句、女性の作と知った後に見直したら、別の世界が浮かんできた。暮からの用意、親族や客の到来、その他あれこれの慌ただしさや気苦労は、男の想像に余るものだっただろう。同じ句会に「七日粥身に沁む酔のうすれ際」(玉田春陽子)という洒脱な句も出た。これはもちろん男性の作である。(恂)

続きを読む