納豆のおかめ印と古女房   今泉 恂之介

納豆のおかめ印と古女房   今泉 恂之介 『季のことば』  「納豆」は一年中あるということで、季語に取り上げない歳時記も多い。四季を問わず食べているものだから季感が伝わらないというのがその理由らしい。  しかし、刻み葱と花かつお、辛子を入れて醤油をたらし、ぐりぐり掻き混ぜて十分に糸を引いたのを温かい御飯に乗せて掻き込む、その食感はやはり冬場のものである。昭和三十年代までは「なっとなっと、なっとー」と売り声を長がーく引き延ばした納豆売が真冬の風物詩であった。冬の晩のご馳走として納豆汁が持て囃され、これは今でも冬の季語として歳時記に載っている。それやこれやで、俳句の世界では納豆を「冬の季語」とすることに定まったようだ。  この句、納豆のトップブランドを糟糠の妻と合わせたところが面白い。おかめ納豆は本場茨城県の老舗会社で、今や首都圏のスーパーには隈無く行き渡り、納豆嫌いと言われた関西、中国、九州ばかりか全世界に納豆を広めている。  おなじみの納豆に、慣れ親しんだ古女房・・・すべて世は事も無しの小春の雰囲気が漂っている。一見いかにも軽い句だが、冬なほ温かしの感じが大方の胸に響き句会では最高点を得た。(水)

続きを読む