新蕎麦や小さん師匠の箸遣ひ       金指 正風

新蕎麦や小さん師匠の箸遣ひ       金指 正風 『合評会から』(酔吟会) 百子 新蕎麦にはもう一つ、落語の句がありましたね(「新蕎麦や文治落語の切れのよさ」野田冷峰)。どちらを選ぼうかと考えましたが、箸遣いが目に浮かんできて、こちらにしました。 詠悟 小さんの落語を目の前で見たことないが、やはり仕草を思い出しました。 冷峰 「文治落語」は、実は私の句でして。文治は私の家の前に住んでいて、江戸弁で、歯切れがいい。蕎麦の食べる仕草も実に上手だったが、小さんが出てくるとは参った。 臣弘 落語のうまさは酒の飲み方と、蕎麦で決まるという。小さんは、上手かったなぁ。 二堂 小さんも文治も知っていますが、この句には箸遣いという具体的な表現があったので・・・。 反平 私は文治の句を選んだ。切れ味では文治でしょう。 水牛 新蕎麦なら文治が合っている。しかし選び手が頭に描き易いのはポピュラーな小さんだった。            *        *  人間国宝・小さんとテレビでも活躍していた文治(桂伸治)の勝負は、小さんの貫録勝ち。(恂)

続きを読む