敗戦忌風に三線鳴る夜かな   谷川 水馬

敗戦忌風に三線鳴る夜かな   谷川 水馬 『合評会から』(番町喜楽会) 光迷 オスプレイとかヘノコ沖埋立てとか騒然としている沖縄、そこへ流れ来る三線の音、雰囲気があっていい句ですね。 大虫 しんみりとした三線の音色と敗戦忌とがよく合っているなと・・。 百子 沖縄はいまや観光地。基地問題でも騒がれてるし、敗戦忌が近づくにつれ何かと話題になる。三線の音に、そうした沖縄のあれこれが、世代ごとにいろいろな受け取り方をされるんですね。。 春陽子 「風に三線鳴る」というのがいい。「もう戦争は止めようよ」と言ってるんです。 正裕 やはりこの場合の三線はもの悲しい音色。私もこれは反戦の歌だと・・。 厳水 三線で自作の歌を弾き語りするようですね、情景が浮かびます。 てる夫 沖縄戦終結は六月二十三日、沖縄には八月十五日なんて無いんですよ。でもまあ、三線はオキナワの悲しみの歴史を奏でるような音色ですから・・。        *     *     *  これは「沖縄忌」とした方が良いとの意見もあった。しかし沖縄も含め日本全体が正式に手を上げた日として「敗戦忌」でいいだろう。それもかなり風化してはいるが・・。(水)

続きを読む