短冊に追伸もあり星祭り        玉田春陽子

短冊に追伸もあり星祭り        玉田春陽子 『この一句』  「あれっ、今日は七月八日。これは去年の作かな」と思われた方があるかも知れない。実は昨夜(七月七日)の句会に出たばかりの句だ。「次回は七夕の日だから」と兼題を決めたので、こういうことになった。紙の会報などではあり得ないことが、ネット上で生まれているという一例である。  さて、この句、合評会では「追伸」の一語が話題になっていた。私も、着想がいい、ということでこの句を選んでいる。短冊には実際に「追伸」と書かれていたのだろうか。私は幼い子が願いを記入した後に「それとね、お人形さんも欲しいの」などと書き加えてあったのでは、と想像した。  作者に聞くと、願いを書いたのはご当人(句の上でのこと)だという。願いは何であるかは言わなかったが、「早く叶えてくれないと、あの世へ行ってしまうよ」という追伸だそうである。短冊に実際に書くわけではないが、誰もが七夕への願いを持っているのだ。大人になっても、老人になっても。(恂)

続きを読む