父の日や今年も特設靴下屋   村田 佳代

父の日や今年も特設靴下屋   村田 佳代 『季のことば』  「母の日」と比べて「父の日」はいかにもぱっとしない。その制定の由来からして情けない。1910年、米国ワシントン州スポケーンの男手ひとつで育てられたソノラ・ドッドというオバサマが「母の日があるのに父の日が無いのは可哀想」と州政府に働きかけた結果制定されたというのだから、まさに「付けたり」。  日本には昭和30年代に「母の日」(5月第2日曜日)と前後して入ってきたが、さっぱり広まらずに半世紀。それでも最近はデパートや商店街に「父の日プレゼント・コーナー」などが設営されるようになった。しかし、これまた母の日とは比べものにならない。母の日のカーネーションは誰でも知っているが、父の日がバラであると知っている人はあまりいない。6月第3日曜日という日取りすらあやふやだ。  プレゼントといっても、さて何にするか。なかなか思い浮かばない。あれこれ思案の末に、息子も娘も「靴下でいいや」ということになる。「よく歩き、いつまでも元気に働いて、スネかじらせて」というわけでもあるまいが。(水)

続きを読む