花すみれ残して墓の草を引く     田中 頼子

花すみれ残して墓の草を引く     田中 頼子 『合評会から』(日経俳句会) 水牛 優しい感じの句ですね。 ヲブラダ こんなさりげないところを、よく見ているなと・・・。 冷峰 墓の周りの草から、花すみれだけを残しておいたのですが、私は抜かれた草のことも考えましてね。それらの草の思いも酌んで選びました。 臣弘 亡くなった故人への思慕が感じられる。それがすみれを残すという形になっているのでしょう。故人への思い出は引き抜けない。うまいなあと思います。 水牛 すみれは残しておいてあげましょう、ということですな。 操 雑草を取り掃き清められた墓に、楚々として可憐なすみれの花。爽やかさが伝わってきます。                *           *  すみれは生命力の強い野草である。小さな庭にも、ブロック塀の下も、もちろん墓の周りにも自然に芽を出し、花を咲かせる。春になると供華のない墓の周りにもすみれが咲き、故人を慰めてくれる。(恂)

続きを読む