霜柱子等の宝石溶けやすし   山口斗詩子

霜柱子等の宝石溶けやすし   山口 斗詩子 『季のことば』  近ごろ東京ではさっぱり霜柱が立つのを見かけなくなった、と思っていたら、この冬は都心部でもしばしば見かけた。街路樹の根方にほんの小さくのぞいている土に立っているのだ。郊外の住宅地などでは二月に入ってからも盛んに見受けられる。  もちろん「霜柱」は冬の季語だが、関東近県では立春以後に厳しい寒さが襲って来ることがあり、今年などはその典型のようだ。目の前にあるのに、もう季節違いだから詠めない、「詠むのなら春の霜柱としなさい」などと言うのは歳時記を墨守する朴念仁。季節の変わり目にはこうしたことがしばしば起こる。気にせずどんどん詠んだ方がいい。  霜柱は本当に美しい。これほどきれいに氷の柱が地中から生えて来るなんて、と子供たちは大喜び。ガキ大将が靴の汚れるのも構わずにがさがさ踏み崩しているのも嬉しさの故である。そして、お日様が照って来ると、子等の宝石はたちまち溶けて消えてしまう。自然の不思議さはかなさを子どもたちはしっかりと受け止めている。(水)

続きを読む