旅終えてまた旅の計寒椿         杉山 智宥

旅終えてまた旅の計寒椿         杉山 智宥 『合評会から』(日経俳句会吟行) 水馬 芭蕉と同じく、また旅を思い、計画を立てているのですね。ユーモアも感じられます。 春陽子 旅の打ち上げの最中に次ぎの旅を考える。人生はこうでなくっちゃ。 正市 下五の季語(寒椿)に代替案があるかもしれない。上五中七が、われわれのグループにふさわしい。          *            *  「奥の細道」は「蛤(はまぐり)のふたみにわかれ行(く)秋ぞ」の一句で終わっている。蛤の蓋と身が分かれるように、私(芭蕉)はこれからすぐ、あなたたち(出迎えの人)と別れ、伊勢の二見が浦へ旅発つ、という思いを掛け言葉で表した。旅に生きる芭蕉の心意気である。  「逆回り奥の細道吟行」一行は、芭蕉の出発点・深川を旅の最終地点として、打ち上げの盃を交わした。席上、「次はどこへ」の声もあったが、この句には現代の高齢者を思わせる雰囲気もある。旅好きの作者は帰宅後、奥さんに黙って次の旅の計画を練っていたのかも知れない。(恂)

続きを読む