終の地と定めし庭の桔梗かな   谷川 水馬

終の地と定めし庭の桔梗かな   谷川 水馬 『合評会から』(番町喜楽会) 啓一 桔梗には特有の感じがあって、終の地と定めた庭に咲く花にふさわしい。これがコスモスなんかだとどうしようもないですが。 春陽子 人生と重ね合わせた、素晴らしい句です。 正裕 そうですね、深い感じがします。 佳子 桔梗の雰囲気と終の地というイメージがよく合っています。 白山 桔梗と取り合わせたのが良かったんですね。カチッと決まった感じがします。           *   *   *  鹿児島生まれの作者は和歌山生まれの奥さんと相思相愛、結婚したのだが、東京で仕事を持つ身だし、「お互いにもう故郷に住むことは出来ないねえ、どこを終の住み処にしようか」と相談した結果、横浜郊外に決めたという。もうそれも十数年前、植えた桔梗もすっかり根付いて毎年花咲かせる。凛とした桔梗のたたずまいが背筋正しき作者を思わせる。(水)

続きを読む