百一歳トマト三本育ており        竹居 照芳

百一歳トマト三本育ており        竹居 照芳 『合評会から』(三四郎句会) 恂之介 面白い句ですね。 崇 面白いを通り越しているでしょう。私は素晴らしい句だと思う。ただこの句のどこが素晴らしいのか、上手く説明できないけれど。 恂之介 よさを説明できないような句が一番優れている、と言いますね。 久敬 トマト三本が何でいいのか、よく分からないが、効いています。 尚弘 一本、三本、四本、五本。やはり「三本」がいいな。 有弘 俳句は何か理屈つけたくなるものだが、理屈のない方がいいのかも知れない。 照芳(作者) 義母のありのままです。百一歳、トマト三本、全くこの通りです。 賢一 こういう句、作ってみようと思っても作れそうもない。            *            *  このようなお年寄りがおられる、という確かなリアリティが感じられる。(恂)

続きを読む