頁繰る余白にまでも晩夏かな        玉田春陽子

頁繰る余白にまでも晩夏かな        玉田春陽子 『合評会から』(番町喜楽会) 百子 部屋の涼しいところで本を読んでいるのですね。晩夏の気配を感じたのですが、「余白にまで」ですからね。上手だと思います。 正裕 何にでも晩夏は感じられるわけですが、本の余白に気づいたところが素晴らしい。 俊子 「余白」という語に夏の終わりが感じられます。 水牛 うまいことを言うなあ。私は「余白まで」を気取り過ぎと思っていたが。 春陽子(作者) 初めは「晩夏光」で行こう、と考えていました。 而雲 「晩夏かな」だからいいのですよ。「晩夏光」ではつまらないでしょう。            *          *  本の頁のすべてに晩夏光が及んでいて、「余白にまでも」と気づいた。さらに「この光こそ晩夏なのだ」と考えを展げ、一段と味のある句に仕上げた。この句は雑詠だったが、もし「晩夏光」が兼題だったらどうか。「光」は削れなかっただろう、なんてつまらないことも考えた。(恂)

続きを読む