夏めくやメタセコイアの長き道   廣上 正市

夏めくやメタセコイアの長き道   廣上 正市 『この一句』  メタセコイアという木は約二億五千万年前の中生代から新生代第三紀の今から五百三十万年前頃まで、北半球の至る所に繁っていたようだが何らかの事情で絶滅、1941年に日本の植物学者三木茂が和歌山県などで発見した化石を研究し別種の杉であるとしてメタセコイアと命名した。ところが45年になって、湖北省利川市の渓谷で生きているメタセコイアが発見された。それで「生きている化石」と戦後一躍有名になり、挿し木や種蒔きで簡単に増やせることもあって各地で植栽されるようになった。  冬に落葉する針葉樹で、春の芽吹き、初夏の新緑、夏の深い緑、秋の紅葉といずれも美しい。この句は爽やかな新緑のメタセコイア並木を詠んだものだろう。フィトンチッドを豪勢に降り注いで、実に気分爽快な句である。  見に行きたいと思っているのだが、琵琶湖の西岸滋賀県高島市には長さ二・四キロに及ぶメタセコイア並木があり、紅葉の名所百選になっているという。しかし美しいからと自分の庭に植えるのはよした方がいい。一年で一メートルくらい伸び、終いには高さ三〇メートル以上、幹回り五メートルにもなってしまうからだ。(水)

続きを読む