捨て鉢の梅さきがけて匂ひけり   大倉悌志郎

捨て鉢の梅さきがけて匂ひけり   大倉悌志郎 『合評会から』(日経俳句会) 定利 哀しげな気がして、そこに梅が二、三輪。すごいところに目をつけた。 智宥 「捨て鉢」はダメな子どもで、教育的な感じもしないではない。それだとなんとなく臭い(笑い)でも素直に取っていい句であると。 研士郎 ほったらかしの梅がちゃんと咲く。逞しさを感じます。 二堂 「捨て鉢」ってのは、自暴自棄の意味と捨てられた鉢と両方含んでいるような。梅の匂いは強いですから、勇気付けられます。 光迷 どっこい生きている。捨てられた梅が一番早く咲いて、持主を見返すような意気があって面白い。           *  この句の「捨て鉢」は自暴自棄の意味ではなく、文字通り無用のものとして抛りっぱなしにされた鉢。梅と小松と笹に福寿草がぎゅう詰めになった縁起物の寄せ植え。正月過ぎると大体枯れて捨てられてしまうが、梅だけは生き残って健気にも翌年また咲く。それを詠んだのだろうが、面白いところに目をつけたものだ。(水)

続きを読む