初夢やたどりつけないドアの先   星川 佳子

初夢やたどりつけないドアの先   星川 佳子 『季のことば』  初夢はもちろん新年の季語だが、さて、これは大晦日から元旦にかけて見る夢を言うのか、元日夜から二日の朝にかけてか、それとも二日の晩から三日朝にかけてのものか。広辞苑には「元日の夜に見る夢。また、正月二日の夜に見る夢。古くは、節分の夜から立春の明け方に見る夢」と出ている。旧暦の昔は年によって狂いがあるが立春が即ち年の初めで、節分が大晦日に当たる。つまりはこの三日間、どの晩に見た夢でも「初夢」ということになる。  いまでも「夢判断」とか「夢占(ゆめうら)」が盛んに行われているように、良い夢を見ると嬉しくなり、悪い夢だとしきりに気にする人がいる。悪夢を見たらお呪いをかけたり「夢は逆夢」と唱えたりする「夢違え」をする。  ましてや初夢ともなると、信心とは縁遠い人でも気になるだろう。この句の夢も良くないようだ。大地震か大洪水か、悪漢に追われているところか。何としてもあのドアの先まで逃げたいともがいても、届かない。はっと目がさめてやれやれ変な初夢、なんてつぶやいている。あまり深刻になっていない様子がうかがえるので、楽しい。(水)

続きを読む