麹町給油所屋根に葡萄棚   小林 啓子

麹町給油所屋根に葡萄棚   小林 啓子 『合評会から』(水木会) 智宥 こういうのをよく見つけたなと感心しました。路地裏派の私としては好みの句です。 弥生 えっ、こんな所に葡萄棚があるのかという感じですよね。 正裕 たしかに実景なんでしょう。給油所があってその上に葡萄棚、こういう風景はほかにもあるんでしょうけど、お屋敷町の「麹町」がいいなと。           *  イギリス大使館から九段下方向に行った所のスタンドだそうで、葡萄の蔓が這っていて思わず笑みがこぼれたという。都心の一等地でこんなのんびりした商売ではどうなのかなと思っていたら、案の定潰れてしまったようだ。麹町と頭に置いて「おや」と思わせ、給油所屋根を這い回る葡萄を描く。意表をつかれ、自然に笑みがこぼれる。ただ、読み返しているうちに、「に」がなんとなく説明的な感じなので、「の」とした方が句にふくらみが出るのではないかと思うようになった。ともあれ見たままをすっと詠んだ、気持の良い句だ。(水)

続きを読む