何しとる死ぬの待っとる夏の雲  金田 青水

何しとる死ぬの待っとる夏の雲  金田 青水

『この一句』

 「何しとる」との問いかけに「死ぬの待っとる」ととぼけた答えを返し、夏の雲を取合せる。何とも人を食った内容だが、番町喜楽会の6月例会で最高点を得た。この句会は20年の歴史があるが、ここ数年は新規加入者がなく、高齢化が進んでいる。平均年齢は70歳を大きく超えており、老いの感慨や人生の終着を見つめたような句が割と出てくる。
 掲句もそのひとつだが、独特の語り口と季語の取合せの妙で、どこか明るさの漂う句となっている。まず「しとる」、「待っとる」という民話風のリフレインが、深刻さを和らげている。季語に夏の雲を持ってきたのは、時空を超える狙いであろう。入道雲の下で水遊びに興じた幼い頃から数十年を経て、今や終末を意識する作者。「死ぬの待っとる」と言いながら、生命力あふれる夏雲を取合せたところに、「まだまだ」という開き直りも感じられる。
 句会では「~しとる」という語調について「わざとらしい方言で嫌味だ」との厳しい指摘があった。調べてみると「しとる(している)」は、東日本ではあまり耳にしないが、糸魚川から西の中部地方、近畿、中国、四国にかけて割と広く使われる方言のようだ。作者はその糸魚川の出身。故郷の方言をあえて織り込んだのは、幼き頃に見た夏雲を主人公にして、年老いた自分に「何しとる」と呼びかける寓話の世界に遊びたかったのではなかろうか。
(迷 24.07.19.)

走るより速く耳かく梅雨の犬   星川 水兎

走るより速く耳かく梅雨の犬   星川 水兎

『合評会より』(日経俳句会)

双歩 確かに犬が耳をかく時、足をバタバタとやるので、よく観察している句だなと思って頂きました。ただ、耳をかく足のスピードが走るより速いというのは、比較対照の尺度が違うので、ちょっと無理があるなとは思いましたが……。
阿猿 雨の日に外に出られず、無聊をかこっているのは、犬より飼い主でしょう。
健史 場面のスピード感が伝わってきます。
静舟 犬は時々こんな動作をする。昔、犬小屋で鎖に繋がれていた土まみれの飼い犬を思い出した。
三薬 この句は、まさか犬が走るスピードと、足で耳をかくのとのスピード比較ではないよね。走らずに速く耳かく梅雨の犬でしょう。
          *       *       *
 「弾丸(たま)よりも速く、力は機関車よりも強く、高いビルディングもひとっ跳び」。これは、昭和のテレビドラマ「スーパーマン」の冒頭の決め台詞だ。スーパーヒーローの図抜けた能力がよく分かる。ところで、掲句は「走るより速く」何をするのかと思えば「後ろ足で耳をかく」というのだ。移動するスピードと動作のスピードを比較するのは、「弾丸より速く空を飛ぶスーパーマン」と違って、さすがに無理がある。
 むしろこの句は、雨続きで散歩の機会が減った「梅雨の犬」が主役なので、「所在なく足で耳かく梅雨の犬」辺りが妥当だろう。しかし、それではあまりにも平凡だ。理屈はおかしくても、作者が詠みたい情景は掲句で充分伝わる。突っ込み所が妙に引っかかる一句だ。
(双 24.7.17.)

消せば来る迷惑メール梅雨じめり 大澤 水牛

消せば来る迷惑メール梅雨じめり 大澤 水牛

『合評会から』(番町喜楽会)

愉里 「荒梅雨や次々届く詐欺メール」という句もありましたが、その荒梅雨とか詐欺に対し、こちらの梅雨じめりと迷惑の方が合っていると思い、頂きました。
迷哲 迷惑メールは消しても消しても毎日大量に届きます。その鬱陶しさが梅雨時の気分と重なり合い、同感しました。
百子 確かに迷惑メールが多いですね。梅雨じめりが効いてます。
水牛(作者) パソコンを開くつど、アマゾンだの三井住友FG、クロネコヤマト、国税庁などを名乗った、ものすごい量の迷惑メール。すべてゴミ箱に叩き込み、一時間後にメールを開くとまた…。むしむししたこの季節、憂さが一層募ります。中には「敬愛なるお得意様」といった変な日本語のがあって、そういうのは面白いけど(笑)
          *       *       *
 電子メールやインターネットは便利だけど邪魔臭い、と思っている人がたくさんいるだろう。まさに「便利と不便は裏表」で、最近はAIなるものが登場、それに拍車をかけそうだ。それにしても偽メールを放っておく業界と、それに歯止めをかけられない行政を見ると憂鬱さは募るばかりである。
(光 24.7.15.)

ごきげんな風に干さるるアロハシャツ 玉田春陽子

ごきげんな風に干さるるアロハシャツ 玉田春陽子

『合評会から』(日経俳句会)

実千代 ごきげんな風って、素敵な風だなと思って魅かれました。アロハシャツとの対比も面白い。
水兎 言葉の使い方が上手。庭に干したシャツにハワイからの風が吹いているような素敵なイメージが湧きました。
朗 ごきげんな風とアロハシャツが響きあって心地良い。今どきの若い人はごきげんなとか言わないので、作者は加山雄三さん世代でしょうか。
てる夫 最近のファッションは分かりませんが、アロハを着ている人まだいるのですか。「今どきアロハ」とは思いましたが、夕暮れの浜風に吹かれ、ご機嫌で帰途にということなのでしょう。
方円 アロハって古臭い言葉だけれど、ごきげんな風と取り合わせると、ある種の時代感覚みたいなものを感じます。何より分かりやすい。
静舟 明るい夏の日差しに、物干しでパタパタと音をたてるアロハ。夏の風が心地良い。軽快です。
ヲブラダ 読んでこちらも、ごきげんになりました。
          *       *       *
 「アロハ着て」では普通の句になってしまうけれど、干されたと詠んだところが面白い。銀座や新宿はじめ全国の盛場がアロハだった時代の日本は実に野蛮だったけれど、イキが良かった。
(水 24.07.13.)

黙祷の長き一分蝉時雨      嵐田 双歩

黙祷の長き一分蝉時雨      嵐田 双歩

『この一句』

 一読して、沖縄・摩文仁の丘で開催される戦没者追悼式の場面が浮かんできた。沖縄県は日本軍の組織的戦闘が止んだ6月23日を「慰霊の日」と定め、毎年全戦没者追悼式を開いている。テレビでも中継されるが、参列者の多くは黒のかりゆしウエアに身を包んで黙祷し、犠牲者を悼むとともに、平和への誓いを新たにする。
沖縄はちょうど梅雨が明けた頃で、平和祈念公園の木々にはたくさんの蝉が湧き、喧しく鳴いている。8月の黙祷といえば、広島・長崎の原爆忌や終戦記念日もある。しかしいずれも立秋を過ぎており、秋の季語に含まれる。蝉時雨と重なるのは、やはり沖縄慰霊の日であろう。
 沖縄戦の死者数は19万人といわれ、半数は民間人が占める。沖縄出身の軍人・軍属を含めた死者は12万人にのぼり、県民の4人に1人が犠牲となったという。公園の一角には、戦争で亡くなった人々の名を刻んだ平和の礎(いしじ)が幾重にも連なる。そこに佇むと、本土防衛のために捨て石にされた沖縄の苦難、悲哀が胸に迫り、頭を垂れざるを得ない。
 最近は黙祷も短縮化の傾向にあり、30秒で済ます式典も多い。しかし沖縄戦の犠牲者の霊と語らい、冥福を祈る時間はおのずと長くなる。「黙祷の長き一分」の措辞に、鎮魂の思いの深さが感じられ、その静寂の場に響く蝉時雨が心を打つ。
(迷 24.07.11.)

沙羅の花抹茶一服深呼吸    池村 実千代

沙羅の花抹茶一服深呼吸    池村 実千代

『おかめはちもく』

 茶庭に沙羅の花はまことによく似合う。6月から7月にかけて、椿に似た五弁の白い花を咲かせるので夏椿とも呼ばれる。朝咲いた花は夜になると散り落ちてしまうので儚さの象徴のようにうたわれ、『平家物語』の冒頭の「祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらはす」で有名になった。ブッダが涅槃に入った場所の紗羅双樹は夏椿とは別種の植物なのだが、姿形が似ていると、日本固有の夏椿が沙羅双樹に擬せられ、寺の境内や茶庭に盛んに植えられるようになり、「沙羅の木」「沙羅の花」と親しまれるようになった。但し、夏椿は放っておくと高さ十メートルの大木になってしまうから、茶庭と言っても奥行きのあるかなり広い面積が必要だ。
 さてこの句、茶室から御庭を拝見、夏椿を愛でつつ、やおら一服というところ。優雅で、とても感じのいい句だ。
 しかし下五の「深呼吸」という言葉がいかがなものであろうか。確かにこうした場所では、深く、ゆっくりと息を吸い込みたくなる気分はわからないでもない。ただ、「沙羅の花」と切れて、「抹茶一服」ときて、「深呼吸」となると、三度も息を吸ったり吐いたり、詠んでいる内容とは裏腹に妙に忙しない。
 ここはやはり、抹茶を一服頂いて、お庭を改めて見渡すという順序で詠み、「沙羅の花」は下五に据えた方が落着くのではなかろうか。たとえば、「ゆるゆると抹茶一服沙羅の花」あたりはいかがだろうか。
(水 24.07.09.)

万緑の更に奥なる光堂     溝口 戸無広

万緑の更に奥なる光堂     溝口 戸無広

『この一句』

 光堂は中尊寺金色堂のことである。辞書をあらためて引くと、「金色に塗った堂」とあり、その後に「平泉中尊寺の金色堂の俗称」とある。調べてみると、紫式部ゆかりの石山寺にも光堂があったりするが、こちらは「ひかりどう」ではなく「こうどう」と読むらしい。俳句の世界では、松尾芭蕉の「五月雨の降のこしてや光堂」があまりにも有名で、中尊寺金色堂の他に光堂はない。
 恥ずかしながら、筆者はどういうわけか中尊寺に行ったことがない。だから、実際の金色堂のロケーションとこの句のイメージがあっているのかどうかわからない。行ったことのある方の選評によれば、「中尊寺の広大な寺域に木立に囲まれた金色堂がある」(てる夫)、「光堂のところは結構開けていて、そんなに鬱蒼とした緑の中にあるわけではない」(双歩)、など印象は必ずしも一様ではないようだ。
 この句は、なんといっても「更に奥なる」が効いている。それでなくても生命力の溢れる「万緑」の更に奥へ行くと、光あふれるお堂の光景が目に飛び込んで来るというのは、映画のワンシーンを見るようでとてもドラマチックである。「更に奥なる」より「奥の奥なる」の方が良かったのではないかという意見があったが、いずれにせよ簡潔でとても気持ちの良い句である。
(可 24.07.07.)

万緑や我も緑になる日まで    星川 水兎

万緑や我も緑になる日まで    星川 水兎

『合評会から』(日経俳句会)

芳之 ドキッとしました。まだその覚悟がなかったせいだと気づきました。
十三妹 そろそろそうなりそうだなと、万感を込めて献点します。
ヲブラダ 「ソイレント・グリーン」という1973 年製作のSF映画が最近リバイバル上映されましたが、関係ないのでしょうね。万物転生輪廻を実感しました。
健史 万物流転でしょうか。味わい深いです。
三薬 緑になるという言い方は、死ぬということを意味するのかなあ。死んだら緑になるとは聞いたことはないし、何で緑になるのか私には分からない。
水牛 樹木葬を連想したのではないか。
双歩 自然との一体感を感じた人もいたようです。
阿猿 深い自然のなかで自己と対象が一体化する瞬間ですね。
卓也 自然との一体感を希求する境地に大いに共感しました。
三薬 自然との一体化なら、分からない訳でもありませんが。
          *      *       *
 作者は「かっこいいかなと思って作ってみました。人生至るところ青山ありということで」と、けろりとのたまう。私は近頃はやり出した「樹木葬」に思いを馳せ、面白い句だなあと思った。人間死ねば皆ひとしなみ土に返り、肥しとなって樹木を育てる。
(水 24.07.05.)

病窓に万緑がある生きてゐる   大沢 反平

病窓に万緑がある生きてゐる   大沢 反平

『この一句』

 私事ながら、昨年難病指定の病気に罹ってからことに病床俳句に共感を覚える。病苦と闘いながら秀句を連発する句友もいて、日経俳句会では一つのジャンルの様相を呈している。この句の作者は千葉の自宅を離れ、湘南辺りに引き移ったとの近況を聞く。ずいぶん以前から病妻を詠んだ句をいくつも投句している。これはご本人のことか、ご夫人のことかよく分からない。
 病床俳句はややもすれば重苦しい雰囲気が避けられず、生死の境で苦しむ境遇ならなおさらだ。戦後まもなく、死病に冒された石田波郷の療養俳句集『胸形変』に典型的な心象風景をみることができる。
 ただ、病気に軽重があるにしろ、反平氏の句にはどことなく温かみが感じられる。「介護の夜妻に添い寝の夜寒かな」「寛解の報あたたかき穀雨かな」「久々に妻笑ひけり桜餅」などの句の数々である。これらにつながる掲句も作者自身を詠んだとも、ご夫人を詠んだとも思える。作者は病室の窓から見える景色がいつの間にか緑一色になっているのに気づいた。一種のカタルシスを覚えたのだろう。樹という樹、草という草すべてが生気を放ち広がっている。そこに「万緑がある」のだから、思わず「生きている」と悟った。「ある」と「ゐる」の一見綱渡りのような併用が、活き活きとし力強さを与えている。季語「万緑」の力と相まって、句もまさしく「生きている」。六月句会の最高点句である。
(葉 24.07.03.)

厚みます薬手帳や六月尽     和泉田 守

厚みます薬手帳や六月尽     和泉田 守

『季のことば』

 病院で薬の処方箋を貰って薬局に行くと、処方薬の内容を印刷したシールを「お薬手帳」に貼り付けて返してくれる。シールは多少厚みがあり、薬局に通う回数が増えると、手帳がだんだん膨らんでくる。医者通い、薬局通いが日常となっている高齢者の感慨を、手帳の厚みで上手く表現している。下五の「六月尽」によって、「まだ半年なのに、こんなに厚くなって」という作者の嘆きも伝わってくる。日経俳句会6月例会でかなりの点を集めた句である。
 ところが句会で長老の水牛氏から「みなづき(水無月)尽はあるが、六月尽という季語はない」との指摘があった。手元にある角川俳句大歳時記を見ると、確かに「みなづき尽」と「六月の限り」は載っているが、「六月尽」はない。意味も旧暦六月の尽きること、すなわち暦の上で夏が終わることを表す季語である。昔はこの日に「夏越の祓(なつごしのはらえ)」を行う習慣があったという。作者は単に新暦の六月が終わる意味で使ったと推察されるが、季節感のずれに水牛氏が違和感を覚えたようだ。
 片山由美子の「伝えたい季語、変化する季語」によれば、そもそも「尽」は季節が終わることを意味するので、三月、六月、九月、十二月になるが、去りゆく季節を惜しむ心がこめられ、ゆく春、ゆく秋に近い言葉である。したがって夏、冬にはいわないという。三月(弥生)尽と九月尽に、夏越の祓と結びついた六月尽が季語として定着したということであろうか。
 ネッでト検索すると、二月尽や五月尽、八月尽など歳時記にない季語を使った俳句がたくさん出てくる。新暦で暮らす人々の実感に即した季語の増殖は止まらないようだ。
(迷 24.07.01.)